大阪府第8選挙区(豊中市)選出 大塚たかし オフィシャルサイト

MENU

大塚たかしの政策

消費税度増税について

国防について

憲法改正について

豊中市について国政の立場から

 

北朝鮮をはじめとする国家的危機に対してどのようにお考えですか?

北朝鮮の度重なる核実験やミサイル発射、また、中国の急激な軍拡や尖閣諸島なども含めた海洋進出など、わが国を取り巻く安全保障環境が激変しております。
自由民主党は「不戦の誓い」を堅持しつつ、国民の命や平和な暮らし、領土・領海・領空を断固守り抜くため、万全の態勢を構築いたします。
具体的には、わが国に向けられた弾道ミサイルへのさらなる備えとして、陸上発射型の防御ミサイルである「イージスアショア」等の導入などの弾道ミサイル対処能力の向上に取り組みます。
また、南西地域への部隊配置等による島嶼防衛の強化など、重大かつ差し迫った脅威や不測の事態に対処できる態勢を整備、さらに、実践的な住民避難訓練の実施等、新たな段階に応じた国民保護の態勢を確立します。
一方、平和安全法制により、あらゆる事態への切れ目のない対応や邦人救出等の新任務が可能となったことを受け、態勢構築や能力向上を加速するとともに、日米同盟や友好国との協力を不断に強化し、わが国の抑止力の向上を図っていき、さらには国際社会の平和と安定の確保にも引き続き積極的に貢献してまいります。

自衛隊の人員・装備の増強など防衛力の質と量を抜本的に拡充・強化するため、新中期防の策定と現行大綱の見直しを行います。
防衛装備庁や防衛装備移転三原則のもと、戦略的に研究開発や友好国との防衛装備・技術協力を推進し、国内の技術的優越を確保しつつ防衛生産・技術基盤を維持・強化します。
日米安保体制の抑止力を維持しつつ、沖縄等の基地負担軽減の実現のため、普天間飛行場の辺野古移設や在日米軍再編を着実に進めるとともに、基地周辺対策として関係自治体への重点的な施策を実施し、米国政府と連携して事件・事故防止を徹底し、日米地位協定はあるべき姿を目指します。

わが国の安全保障に資する宇宙利用やサイバーセキュリティ対策を促進するとともに、わが国の安全に関わる対外的な情報収集を専門的に行うため、国家の情報機能と体制を強化します。
わが国の領土・領海の堅守に万全を期し、国民が安全・安心に暮らすことができる平和で豊かな海を守り抜くため、海上保安庁の海上法執行能力、海洋監視能力、海洋調査能力の強化を図り、また、国境画定の起点等遠隔離島における活動拠点の整備等を推進することが必要と考えます。

抱負をお聞かせください

私、大塚たかしは、大阪に景気回復の実感をお届けし、関西、日本の国益に繋げるためにも、豊中を地方創生のモデル都市にしていく必要性があると考えております。
今まで、私は大阪国際空港の将来の近距離国際線の就航に向け取り組むとともに、豊中市、大阪府、国の行政を連携し、スピード感を持って、地域の皆様方の声を国政で反映させ、要望を実現してまいりました。
特に、待機児童問題や、交通渋滞の緩和、密集市街地対策、都市型の地域社会の活性化、子育て、教育、生涯現役促進、鉄道等の公共交通網のバリアフリー化等に対する、市の積極的な取り組みを、私、大塚たかしは国政から全力で応援してまいります。引き続き、豊中の皆様方のご支援をいただき国政を前進させ、地方の活力を取り戻し、子どもたちの安全・安心を守れる未来に希望の持てる社会を実現してまいります。

これから大阪はどうなっていきますか?

関西圏ではこれからいくつもの、経済の底上げに繋がる国家プロジェクトが立て続けに控えています。昨年2016年4月から、国内第一号の空港コンセッション案件である大阪国際・関西国際空港の民間での経営が始まりました。大阪国際空港では今後、ターミナルビルのJALとANAの到着口が一本化され、モノレール駅との導線の整備により利便性がより向上し、海外からの観光客にも使い易い空港になっていきます。

そして、2021年にワールドマスターズゲームズの開催、2037年にリニア新幹線の前倒し開通、さらに2025年に向けての大阪への万博誘致の構想やIR法案の整備など、多岐に渡りチャンスが巡ってきます。

成立した各法案、施策をもとに市町村、府県、国とがしっかり連携をしていくことで、関西圏の経済活性化を促進し若者たちが期待を持てる未来へ、力強く前に進めてまいります。

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し

(夫が稼ぎ頭で妻が主な家事の担い手となる世帯の場合)

●配偶者(妻)の給与収入金額の上限を現行の103万円から150万円に引上げ。
● 150万円以上は控除額が段階的に減り、約201万円でゼロになる。
●納税者本人(夫)の給与収入制限もあり、1,120万円から控除額が減り1,220万円でゼロになる。

気になる子育て•介護、これからどうなりますか?

給付型奨学金

平成30年度から(一部平成29年度から前倒しで実施)住民税非課税世帯を対象に月額2万円から4万円の幅で給付する。

保育士や介護人材の処遇改善

保育士などの給与を2%増やし、経験によりさらに4万上乗せ。
介護士は月額平均1万円増やせるように介護報酬を加算。
保育の受け皿は50万人分拡大、介護では小規模特別養護老人ホ—ムの整備。
また育児休業の給付金支給期間をこれまでの最大1年半から2年へ延長。

豊中での重点施策は?

豊中での重点施策は? 豊中での重点施策は?

  • 千里中央地区活性化ビジョンに基づく街づくりの実現
  • 「地震等に著しく危険な密集市街地」の解消や南部コラボ構想等の南部地域活性化
  • 学びの環境都市を支える学校、通学路における子供の安全対策・学力強化
  • 保育士処遇改善の他、保育所の国有地活用や新設による待機児童解消に向けた取り組み
  • 一億総活躍社会の実現へ向けての「働き方改革」としての就労支援
  • 多様な介護予防・地域での日常生活の包括的支援総合事業の推進
  • 国道176号の電線共同溝事業と無電柱化についての取リ組み
  • 段階的無償化に向けた幼児教育振興法の早期成立

大塚たかしを応援する!!

閉じる