衆議院議員 大塚たかし活動報告

自民党大阪8区豊中市選出 衆議院議員 大塚たかし活動報告

*

国立公文書館視察

      2016/06/27

平成28年5月19日、衆議院議院運営委員会 新たな公文書館に関する小委員会で国立公文書館の視察に行ってまいりました。

1
わが日本国の国立公文書館が所蔵する文書は約140万冊となっており、それらは国や自治体のガバナンスの検証、また歴史的資料から日本の文化や伝統を理解するために重要な役割を担っております。

2
しかしながら、公文書の管理にあたり、他の先進諸国と比べると我が国の公文書館は敷地面積や所蔵量、また職員数も一桁以上少ない規模となっております。

3
この度、国立公文書館を新しく立て直すことになっており、建設予定地やその規模についても議論をしております。

4
また、公文書館は現在、所蔵資料のデジタル化の推進や、アーキビスト(文書管理の専門家)の育成等に力を入れて取り組んでいるとのお話でした。

5

今後とも日本の国家としての礎を守っていくために重要な、資料の保存という役割を担う公文書館の機能が盤石になるように私、大塚高司も精一杯尽力していく所存でございます。

6

 - 国会活動