衆議院議員 大塚たかし活動報告

自民党大阪8区豊中市選出 衆議院議員 大塚たかし活動報告

*

文部科学委員会で答弁

      2015/08/12

衆議院・文部科学委員会で、公明党の浮島智子委員からの、東京パラリンピックに向けた交通バリアフリーの進め方に関する質問に対して答弁いたしました。
東京オリンピック・パラリンピックについては、文部科学省を中心に政府一丸となって大会の準備を支援しているところですが、国土交通省は、選手・関係者・ 観客の円滑な輸送や受入れについて大きな役割を担っております。そのため、文部科学委員会ではありますが、国土交通省を代表して私が答弁に立たせていただ きました。
浮島委員からは、東京パラリンピックでは、一度に多くの障害者が移動することになるので、駅や空港においては複数ルートのバリアフリー化が必要になるとの 指摘がありました。私からは、鉄道駅などの公共交通について、法律に基づく目標値を定めてバリアフリー化を進めていくことを答弁しました。また、健常者に よる障害者への理解や協力の促進も重要な視点です。そのため、実際に障害者の感覚を体験していただく「バリアフリー教室」の開催を通じて、いわゆる「心の バリアフリー」も推進していきたいと答弁しました。
国土交通省では、オリンピック・パラリンピックに向けて、バリアフリーのワーキンググループを設置しており、私もメンバーです。バリアフリーの推進は、東京だけではなく日本全国的な課題であるという問題意識で取り組んでまいります。

 - 国会活動