衆議院議員 大塚たかし活動報告

自民党大阪8区豊中市選出 衆議院議員 大塚たかし活動報告

*

産業競争力会議でのプレゼン③

      2015/08/12

3週連続で産業競争力会議(実行実現検討会合)に出席しました。今回は、訪日外国人旅行者数2000万人の目標達成に向けた取り組みと、訪日外国人旅行者数が順調に伸びていることを説明しました。プレゼンの内容は以下の通りです。
①外国人旅行者数は昨年はじめて1000万人を達成し、今年は9月までで970万人が訪日。今や国内宿泊客の14人に1人が外国人。内訳は、韓国、台湾、中国などの東アジアの国が半数以上を占めており、近年はビザ緩和の効果により、タイ、マレーシアなどの東南アジアからの国が増加。
②24兆円ある観光市場のうち、外国人旅行者の消費はまだ7%だが、日本が人口減少に直面する中では、外国人旅行者の呼び込みは重要。例えば、外国人旅行者は一人約14万円消費しているが、これは日本人10人の年間消費額に相当している。
③観光立国実現に向けて、政府一丸、官民一体となって以下の取り組みを推進。
・地域が連携した広域観光周遊ルートの形成や個々の地域の魅力の磨き上げ
・外国人旅行者に対する消費税免税制度の拡充
・税関・入国管理等の体制整備、無料Wi-Fi環境の整備、多言語対応など、外国人旅行者の受入環境整備
民間委員からは、私の説明を支持する発言が相次ぎました。国土交通省が旗振り役となって、国、地方、民間が一体となって外国人旅行者を増やす取り組みを進め、日本の元気を取り戻してまいります。

 

 - 国会活動