衆議院議員 大塚たかし活動報告

自民党大阪8区豊中市選出 衆議院議員 大塚たかし活動報告

*

首都圏氾濫区域堤防強化対策の視察

   

首都圏氾濫区域堤防強化対策の視察で埼玉県加須市旗井地域に行って参りました。

利根川上流部および江戸川の右岸堤防がひとたび決壊すれば、その氾濫は埼玉県内だけではなく東京都まで達し、首都圏が被害を受ける恐れがあります。このような被害が発生する恐れのある区間において、堤防の浸透に対する安全性を確保するために、堤防拡幅による堤防強化対策を実施します。


施工業者の方から、レーザースキャナーを使用した3次元測量とICT建機による盛土工について施工方法と、ICT建機に乗車して機材の説明を受けました。


また、実際の現場の声として、人材確保についてや働き方、女性活躍の場などについて情報交換を行いました。最新機器を導入し長時間労働の是正や計画的な工期の策定を促進しているとの話を伺いました。先日視察した現場でもドローンを使用して3次元測量など建設業界においても日進月歩で技術が進んでいます。i-construction※の導入現場では、時間と労力について軽減が期待されます。


首都圏氾濫区域堤防強化対策をはじめ、とにかく人命を守り、また経済社会への被害が致命的なものにならず迅速に回復する、「強さとしなやかさ」を備えた国土、経済社会システムを平時から構築するという発想に基づき継続的に取り組み、今後も国土強靭化を推し進めて参ります。

 

※i-construction(ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取組)

 

 - 国会活動