衆議院議員 大塚たかし活動報告

自民党大阪8区豊中市選出 衆議院議員 大塚たかし活動報告

*

羽田空港制限区域内の自動走行にかかる実証実験の視察

   

インバウンドの増大による、航空・旅客需要が増加する一方で、生産年齢人口の減少等を背景に航空分野においても保安部門やグランドハンドリングなどをはじめ、人手不足等が懸念されています。そのような状況下で自動化・ロボット、バイオメトリクス、AI、IoT、ビックデータなどの先端技術の活用による航空輸送産業のイノベーションを推進していかなければなりません。

羽田空港制限区域内では実用化を目指して、空港特有の環境下で先端モビリティの自動走行の運行を検証しています。

実際に乗車して、安全に制御された乗り心地を確かめることが出来ました。人による運転か自動運転かは運転席見ていないと見分けるのは困難です。クランクやカーブなどもスムーズに曲がっていきます。乗客を感知し走行中の車内移動などについては多言語による自動音声にて注意喚起も行います。


安全管理についてはオペレーターが遠隔監視しており、ブラストといわれる航空機のジェットエンジンからの排気の影響を受けないよう確認作業も行います。

安全安心に運行され、我々の生活がより良くなるよう自分の目で見て確認し、最先端技術を様々な分野で推進して参ります。

 - 国会活動