大阪府第 8 選挙区(豊中市)選出
大塚たかし オフィシャルサイト
OTSUKA TAKASHI OFFICIAL SITE

MENU

大塚たかしはこんな人

大阪府豊中市出身。大学卒業後、すぐに国会議員の秘書として16年間務めながら政治の世界を奔走し、第44回衆議院議員選挙に周囲の勧めもあって出馬し初当選しました。以降第46回及び47回衆議院議員選挙に連続当選し、現在は衆議院議院運営委員会理事、国土交通委員会委員、自民党国会対策委員会副委員長など、様々な任務に尽力しています。東京五輪に向けて整備中の大阪国際空港に再び国際線を飛ばし、観光客を多く迎え入れての地元活性化や日本の未来を支える若者や女性の就業支援少子高齢化社会が抱える課題解決に全力を注いでいます。

大塚たかし略歴

  • 昭和39年9月11日生まれ(52歳) 大阪府豊中市出身
  • 春日荘聖マリア幼稚園 卒園
  • 豊中市立上野小学校 卒業
  • 豊中市立第十一中学校 卒業
  • 摂陵(現早稲田摂陵)高等学校 卒業
  • 追手門学院大学 経済学部 卒業
  • 衆議院議員 原田 憲 秘書
  • 参議院議員 谷川 秀善 公設第一秘書
  • 第44回衆議院議員選挙にて初当選
  • 第46回衆議院議員選挙にて2期目当選
  • 国土交通大臣政務官・内閣府大臣政務官に就任
  • 第47回衆議院議員総選挙にて3期目当選を果たす

現在

衆議院

議院運営員会 理事、国土交通委員会 委員、情報監視審査会 委員、政治倫理審査会 幹事、憲法審査会 委員

自民党

国会対策委員会 副委員長

その他

衆議院 日本・ブルガリア友好議員連盟 事務局長 、自民党学童保育推進議員の会 事務局長 、平成研究会 事務局長

バレーボールで培ったチームプレーを政治に活かす

子どもの頃は両親が共働きの鍵っ子で、放課後は一人でおやつを食べて過ごし、休日は少年野球で汗を流していました。中学では当時人気だったバレーボール部に入りましたが、特に真剣にやっていたわけではなく、特別目立つタイプではありませんでした。ところが、高等学校でのバレーボール部監督との出会いで、人生が大きく変わります。非常に厳しかった監督に根性を叩き込まれ、チームプレーとは何かを徹底的に体で覚えました。政治家としての私のベースは大学まで続けてきたバレーボールです。試合ではチーム一丸となって戦いますが、政治の世界もまったく同様で、一人だけが突出してもうまくいきません掲げた目標に向かって励まし合い、弱い部分はサポートし合いながら遂行していくスタイルは、今の大塚たかしの活動スタイルに繋がっています。

交渉力、動員力、篤い信頼

私が政治の世界に入ったのは、大学4年生のとき、友人から紹介された自民党での選挙応援がきっかけでした。「明日までに100人集めよう」の呼びかけに私は「よし、やってやろう」と名乗りをあげ、1晩で130人を集めました。私は幸運にもその行動力を認められ、国会議員の秘書に誘われました。その後、議員の秘書として16年間務め、政治を現場で学び、着実に人脈を築きあげてきました。これらの仕事における交渉力や調整力については学生時代から、長年にわたる実践の中で磨き上げられました。また、相手の意見を聞きながらも、意見を通すところは通すというスタイルは、国政を進めるための原動力として与野党問わず多くの議員からも信頼をいただいていると自負しています。

縁の下の力持ち。幼い頃より育んでくれた豊中市を支えたい

大塚たかしは「政治で重要なのは、先を見通す目だ」という恩師の言葉を胸に、自分の強みを知り、自分にしかできないことを追求してきました。大阪に生まれ、豊中で育ったからこそ、地元活性化への使命感は非常に強く、様々な施策に奔走しています。教育、福祉、文化、地区整備など、豊中市の暮らしの充実を図るためには、十分な交付税の確保も不可欠です。大塚たかしは豊中市の素晴らしさを、懸命にアピールし、国からの交付税確保を確実に実現しています。こうした裏舞台での仕事は表には見えませんが、国会対策委員会で、法案を一つひとつ通す仕事と同様、先見の明で堅実に仕事をこなしてく姿勢を貫いています。2020年の東京五輪に向けて改修中の大阪国際空港の利便性が向上することに伴い、大阪を活性化させるプロジェクトを以前から推進しており、それが実現すれば、そこから始まる国際交流は、大阪だけでなく日本全国を盛り上げていくことになるでしょう。 振り返ると、私が子供の頃、見たこともない国旗が勢ぞろいして世界各国の飛行機が飛び回っている様子を今でも鮮明に記憶しております。活気のある豊中、大阪の未来と、夢のある関西の姿を強烈にイメージしました。私にも娘がおりますが、特に子供世代が希望を持てる日本を実現していくことが政治家の責務であり、存在意義だと信じております。

国会で3期。そしてこれからも

大塚たかしは2005年の第44回衆議院議員総選挙にて当選してから、現在3期目を務めています。今後も皆様のご支援で国政を務めさせていただくことが叶えば、より重要な任務を担わせていただくことになります。これからも、大塚たかしは、これまで培ってきた人と人との繋がりを活かして豊中・大阪、そして日本のために邁進していきます。

大塚たかしを応援する!!

閉じる