大阪府第 8 選挙区(豊中市)選出
大塚たかし オフィシャルサイト
OTSUKA TAKASHI OFFICIAL SITE

MENU

大塚たかしの仕事

大塚たかしの国会での主な仕事の一つに、自民党国会対策委員会があります。この委員会は、必要な法律を一つでも多く審議して通す機関として重要な役割を担っています。大塚たかしは、政府・与野党の調整役として、推進力を発揮しています。中には国民には知られない地味な法案も少なくありません。しかし、一つの法案が成立するまでには大変な道のりがあり、どれもが国の将来を担う重要なものばかりです。法律の上に国民の秩序、安全や豊かさが守られるのであり、大塚たかしはこれらに真摯に関わり、政府の縁の下の力持ちとしての役割を担っています。

国会対策委員会での大塚たかし

国会対策委員会(国対委員会)は、日本の政党に置かれる機関の一つで、内閣や議員が提出した重要な法律案を審議するなどの国会対策のために設けられています。国会では毎年100以上の法律案が出されていますが、それを一つひとつ通していくことは大変なことです。与野党それぞれの意見を踏まえながら、交渉および調整し、時には十分な審議が難しい場合等は法案提出時期を延ばすこともあります。重要な法案を何らかの不備で廃案にさせるわけにはいかないため、責任重大であり、プレッシャーのかかる厳しい仕事です。大塚たかしの国対委員会での仕事は、メディアで華々しく取る扱われることは少ないですが、国民のより豊かな暮らしに一歩でも前進させていくためにも重要な法案を一つでも多く通すことを念頭に置いています。
国会議員は金来火来と言われ、平日は火曜日から国会で仕事をするイメージが一般的かもしれませんが、国対副委員長である大塚たかしは日曜の夜には上京し、月曜朝から金曜夜まで国会に詰めて対応しております。

議院運営委員会とは

大塚たかしのもう一つの重要な顔が議院運営委員会理事です。議院運営委員会とは、国会法で規定された常任委員会のひとつで、衆参両議院それぞれに設置されています。僅かに25名の委員からなり(衆議院475人に対して19人に1人の割合)、法案審議の手順などの国会運営の責任者としての働きをしています。大塚たかしもこの委員会の9人の理事のメンバーの1人です。

法律を通す仕事

日本の法律は、国会の審議で可決されて初めて成立します。つまり、法律案を衆参両議院で審議されることが前提になります。法律案は、内閣と国会議員が提出できますが、どの法案も国会に提出されるわけではありません。部会から政調審議会、総務会、与党政策責任者会議まで進んではじめて、閣議決定、国会提出と長い道のりがあります。大塚たかしの仕事は、これらの重要な法案を一つでも多く審議し通すことです。反対意見もきちんと聞き、通すところは通す。法律は国民の幸せの一助となるものであり、成立は未来の日本の責任です。

近年成立した法案

第192回国会において、環太平洋経済連携協定(TPP)国連法案、特定複合観光施設区域の整備推進法案、国民年金法改正案が可決、成立しました。消費税率引き上げ時期を2年半延期する法案、パリ協定承認案、統合型リゾート施設の整備推進する法案なども次々と承認されています。

年金改革法案では、中小企業で働く短時間労働者も厚生年金加入が可能になり、国民年金加入女性の産前産後の4カ月は保険料免除に、若い世代の年金額確保のための年金額改定の見直しや受給資格期間を25年から10年に短縮など、公的年金制度のメリットをより多くの国民が享受できるように尽力しました。

 

大塚たかしを応援する!!

閉じる