大阪府第8選挙区(豊中市)選出 大塚たかし オフィシャルサイト

MENU

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
Arrow
Arrow
Slider

 

 

最新の活動

「経済3団体との意見交換会」

令和2年7月17日、大阪市内にて岸田文雄自民党政調会長に来阪いただき、自民党大阪府連所属議員と経済3団体との意見交換会が開催されました。

関西経済3団体(関西経済連合会、大阪商工会議所、関西経済同友会)の皆様方と、コロナ禍が経済に与えている影響や対策等の様々なお声をお伺いしました。

感染者も増加してきております。経済の回復と感染症対策は表裏の関係ではありますが、日本・関西・大阪・豊中を元気にするために、自民党大阪府連としても、更なる経済対策、感染症対策を推進して参ります。
...

豊中市が「SDGs未来都市」に選定されました。
内閣府は、SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市の中から、特に、経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市を令和2年度「SDGs未来都市」として選定しました。
豊中市の提案タイトルは、
「とよなかSDGs未来都市~明日が楽しみなまち~」です。
地方創生分野における日本のSDGsモデルの構築に向けて、豊中市がSDGsの達成に向けた優れた取組を提案して推進していくことを期待するとともに私も支援していきます。
...

「家賃支援給付金」

制度の概要が公表されました。テナント事業者の地代・家賃の負担を軽減することを目的としております。
申請要領や申請受付開始時期については準備ができ次第公表していく予定です。

コールセンターも開設されております。
■家賃支援給付金申請 コールセンター
0120-653-930(平日・土日祝日8:30~19:00)
...

GIGAスクール構想における整備支援事業
今年の1月31日、長内繁樹豊中市長と共に、文部科学省山脇文部科学審議官へ「GIGAスクール構想」についての要望活動を行いました。
豊中市でのGIGAスクールの環境整備の実現は予てからの願いです。
4/30に内定が出た、公立学校情報機器整備補助金は 
端末数:21,000台 内定額:945,000(千円)
7/1の内定額は下記の通りです。
■公立学校情報機器整備補助金
 ・家庭学習のための通信機器整備支援事業 整備台数:596台 内定額:5,960(千円)
 ・学校からの遠隔学習機能の強化事業 整備台数:58台 内定額:1,015(千円)
 ・GIGAスクールサポーター配置支援事業 調整額:8500 内定額:25,175(千円)
 ・公立学校入出力支援装置購入事業 内定額:1,520(千円)
■公立学校情報通信ネットワーク環境施設整備費補助金 内定額:29,455(千円) うち事務費291(千円)
このうち公立学校情報機器整備補助金に係る事業は、緊急性に鑑み、予算成立後であれば国からの交付決定を待たずに着手できるということです。
休校措置中の学習の多くは、プリント等の家庭学習課題の配布も多かったことから、このような柔軟な対応で、ICT教育の環境整備が一層促進されていくことが期待されます。
ICT技術者や学習指導員の配置の推進、教育コンテンツの開発・普及、データの利活用、教育課程やデジタル教科書の在り方等の見直しを速やかに進めていかなければなりません。先生方にもGIGAスクール構想の実現に向け一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
...

新型コロナウイルス接触確認アプリ 「COCOA」が本日運用開始されました。
緊急事態宣言解除に係る代表質疑をさせてもらった中で、5月14日に「ITを活用して疫学調査等をしていくべきではないか」と西村国務大臣に質問をしたときに、「まさに開発中のアプリの開発を行っている」と答弁を頂きましたが、それが形となりました。意図しない感染者との接触機会を知ることが出来るようになっております。
ご自身や大切な方を守るためにご活用ください。
...

ブルーインパルス飛行

令和2年5月29日、東京上空で新型コロナウイルスの対応にあたる医療従事者を称え感謝を表すためにブルーインパルスの飛行が披露されました。
晴天の青空にブルーインパルスが描く白い直線は、我々にも感動を与えてくれました。
新型コロナウイルスの対応にあたっている医療従事者の皆様に感謝申し上げます。
...

国土交通委員会質疑

令和2年5月29日、国土交通委員会で質疑に立たせていただきました。
今回、ドローンの飛行に係る安全確保を目的として、航空法等を改正する法案が提出されました。ドローンについては、この数年での性能向上がめざましく、幅広い分野での利活用が急速に進んでおります。単に飛行させて楽しんだり、上空からの写真や映像を撮るといった目的のみならず、人が近づきにくい場所でのインフラの点検や測量、農薬散布といった産業への活用や災害現場での現状把握の活用も広まりつつあります。また、現在は離島や山間部で目視外で荷物を配送する実証実験が始まったところですが、インターネット通販の普及による小口配送の増加などの課題を抱える物流分野においても、今後の活用が大いに期待されるところです。

私が質問した主な内容は
・登録制度の効果
・今後の無人航空機利活用方針
・本法案で空港において可能となる措置
・警察との連携
・大規模自然災害を踏まえた対策
・本改正に関する国土交通省の方針

ドローンは日進月歩で技術革新が進み、性能向上・コスト低減等により、社会でのより広範な活躍も大きく期待されるところです。安全安心に利用されるための環境がしっかりと整備されることが、今後の幅広い場面でのドローン活用を可能とし、ひいてはこれからの我が国を支える新技術として、社会経済を豊かにしてくれることにつながると思います。
...

緊急事態宣言 京都・大阪・兵庫の関西3府県の解除について政府から国会へ報告

本日、議院運営委員会にて政府から新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が続く8都道府県のうち、京都・大阪・兵庫の関西3府県の解除の事前報告を受けました。埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏4都県と北海道では引き続き継続します。
解除になっても引き続き気を緩めることなく、手洗いうがい・三密回避など基本的なことを徹底して、豊中・大阪・関西で安心安全な生活を取り戻すためにも第2波の流行を防がなければなりません。
...

(更新)新型コロナウイルス感染症に伴う主な支援策一覧(豊中版)

新たに5月18日現在の新型コロナウイルス感染症に伴う主な支援策一覧(豊中版)を作成しました。
ご参考にしていただければと思います。
...

緊急事態宣言39県解除について政府から国会へ報告

本日の衆議院議院運営委員会で、緊急事態宣言39県解除について事前報告を受けました。
その貴重な時間の中で質問機会を頂きました。テレビの生中継も入っていたことから、ご覧くださった方もいらっしゃるかと思います。
感染予防と経済活動の両立への取り組みやITを活用した積極的疫学調査等の効率化などについて質問しました。

13の特定警戒都道府県のうち、状況が依然厳しい「北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫」の8都道府県では緊急事態を維持していきます。
引き続き、大阪府も緊急事態宣言が維持されますので、手洗いうがい・三密回避など基本的なことを徹底して、宣言が解除できる状態になるよう、活気ある大阪を取り戻しましょう。
...

新たに5月2日現在の新型コロナウイルス感染症に伴う主な支援策一覧(豊中版)を作成しました。

ご参考にしていただければと思います。
...

妊産婦の皆様へ GW中(4/29~5/6)の相談窓口開設

4/29~5/6のゴールデンウィーク連休中、助産師さんが妊産婦の皆様の新型コロナウイルスや生活の不安などに相談にのる専用コールセンターが開設されましたのでご活用ください。
0120-220-273 
受付時間 午前9時から午後5時まで

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000625054.pdf
...

休業要請支援金(府・市町村共同支援金)に関するお知らせ
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態措置により、大阪府から施設の使用制 限による休業要請等を受け、特に深刻な影響を被っている 中小企業・個人事業主 を対象に、家賃等の固定費を支援し、将来に向けて、事業継続を下支えする「休業 要請支援金(府・市町村共同支援金)」(以下、「支援金」という。)を支給いたします。
...

持続価給付金に関するお知らせ(速報版)
感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を 下支えし、再起の糧としていただくため、 事業全般に広く使える給付金を支給します。
...

大阪府内の医療従事者を守る、医療防護服など「国からのプッシュ型支援」の要請

令和2年4月21日、大阪府医師会からの加藤勝信厚生労働大臣に対する「新型コロナウイルス感染症患者を診察している医療機関への支援に関する要望」と併せて、自由民主党大阪府連として「新型コロナウイルス感染症患者を診療してる医療機関への支援に関する要望書」を橋本岳厚生労働副大臣へ手渡しました。

加えて、武田良太防災担当大臣へも同様の内容を伝え、今後は防災という観点から国による「プッシュ型」支援を積極的に行うように要請しました。

その様子が取り上げられています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200421/k10012398831000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_001
...

3つの密を避けるための手引き

新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力をよろしくお願いします。
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、咳エチケット、手指衛生等に加え、「3つの密(密閉・密集・密接)」を避けてください。
3つの密が重ならない場合でも、リスクを低減するため、できる限り「ゼロ密」を目指しましょう。
...

これからの日本のために。
―黒子に徹して、奔走し続ける。

国会の仕事は目に見えない部分がほとんどです。
その過程の多くはニュースになりません。
与野党の意見を調整し、必要な法案を成立させる。
政争の具にしてはいけないものを交渉力でつなぐ…
豊かで明るい日本を支えるための法律をつくる使命を
黒子に徹して果たしていきます。

大塚たかしの仕事

大塚たかし 経歴

役職

【衆議院】

  • 議院運営委員会 理事
  • 国土交通委員会 委員
  • 情報監視審査会 委員
  • 政治倫理審査会 幹事

【自民党】

  • 国会対策委員会 副委員長
  • 政調 中小企業・小規模事業者政策調査会 副会長
  • 選挙対策委員会 副委員長
  • 2025年大阪万博誘致推進本部 幹事
  • 超電導リニア鉄道特別委員会 副幹事長

【その他】

  • 衆議院 日本・ブルガリア友好議員連盟 事務局長
  • 自民党学童保育推進議員の会 事務局長
  • 平成研究会 事務局長

議連

  • バレーボール議員連盟
  • 消防議員連盟
  • 介護福祉議員連盟
  • 国民の医療を守る議員の会
  • さくら振興議員連盟
  • 史跡保全議員連盟
  • サイバーセキュリティ対策推進議連
  • 他多数

略歴

  • 参議院議員 谷川秀善 公設第一秘書
  • 自由民主党 大阪府第8選挙区支部長
  • 第44回衆議院議員総選挙にて初当選
  • 第46回衆議院議員総選挙にて2期目当選
  • 第47回衆議院議員総選挙にて3期目当選
  • 第48回衆議院議員総選挙にて4期目当選
  • 国土交通副大臣
  • 国土交通大臣政務官
  • 内閣府大臣政務官
  • 議院運営委員会 理事
  • 国土交通委員会 理事
  • 消費者問題に関する特別委員会 理事
  • 憲法審査会 委員
  • 政治倫理審査会 幹事
  • 国会対策委員会 副委員長
  • 国土交通部会 副部会長
  • 運輸・交通関係団体委員会 副委員長
  • 情報監視審査会 委員
  • 2025年大阪万博誘致推進本部 幹事
  • 超電導リニア鉄道特別委員会 副幹事長
  • 政調 中小企業・小規模事業者政策調査会 副会長
  • 選挙対策委員会 副委員長


お知らせ・活動報告


大塚たかしを応援する!!

閉じる